読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイジュツ!なんだかんだ… (hatena ver.)

美術,音楽,写真&グルメ。ゲイジュツと思えば何でもアリ!

David Tudor 【Rainforest 1】LIVE @ 横尾忠則現代美術館

今週のお題「私がアツくなる瞬間」

 

今月はシャレにならないぐらいの猛暑の毎日でした。

真っ青な空に白い雲...は気分爽快なのですが、キョーレツな日差しあびるとたまりません。どれだけ日焼けするんだろうか、もう恐ろしくて。

そんな暑さの中、神戸の横尾忠則現代美術館へ。と言っても、この日の目的はライブです!(もちろん展示も見ましたよ)

 

現代音楽にアツくなる♪

神戸の横尾忠則現代美術館で、5月23日(土)・24日(日)の2日間開催された、

デヴィッド・チュードア「レインフォレスト1」(←ローマ数字の1)コンサート

 

1968年、デヴィッド・チュードアが演奏・発表した「インフォレスト」という作品を再演するというイベント。

出演は、小杉武久、和泉希洋志、GUILTY C. の3名。

(どんな曲?)と聞かれると・・・、

コンタクトスピーカーとコンタクトマイクを取り付けた様々な材質、形状のオブジェに、演奏者が電子音を送ることでオブジェを振動させ、その音をピックアップして会場に流し、空間に「音響コラージュ」をつくり出す作品。(美術館チラシより引用)

とのこと。

 

♪これがその原曲。22分ほどの作品だが、ライブではもう少し長くなったと思う。

(参考)David Tudor 【Rainforest 1】(1968)


David Tudor - Rainforest (version1 complete ...

(何だコレはーっ?)と聞こえてきそう・・・、

いわゆる〈現代音楽〉というジャンルだろうか。
21世紀の現在になって、半世紀近く前の曲を「ゲンダイ」というのもちょっと不似合いのような気がして、むしろ実験音楽のほうが良いかもしれない。音程は...聞こえてこない。

いろんな音が混じり合ってる。

タイトル通り、雨ふる森林の中のイメージ。

 

Rainforest

 

音楽でも美術でも、さまざまな実験的作品が作られた時代。
こんな感じの作品を、現代の多機能デジタルシンセで作ろうと思えば、どうにでもできるだろう。
1968年ではデジタルサンプラーなんて無い時代。
当時どのようにして音を出したのか...(まだそこまで調べていない)。

 

今回、この曲を演奏するためにセッティングされたのが、写真のようなステージだった。

f:id:HALNA_creative_room:20150529001937j:plain
▲(ステージ両端切れた)

f:id:HALNA_creative_room:20150529002108j:plain
▲(正面中央。小杉さんの機材。右にプラスチック洗面器設置、左にはブリキの大きな桶が吊ってある)

f:id:HALNA_creative_room:20150529033140j:plain
▲(右のテーブル。BOSSのコンパクトエフェクターその他、右にも有り)

f:id:HALNA_creative_room:20150529002134j:plain
▲(左テーブル。左端はモノフォニックシンセMICROBRUTE)

f:id:HALNA_creative_room:20150529002014j:plain
▲(ステージ右側から撮影)吊るしてあるビールケースのほか、様々なオブジェにはコンタクトマイク(+スピーカー?)を付けてある。

 

美術館1Fのオープンスタジオと呼ばれるスペースだけど、密閉していない。美術館の入り口ドアを入ったところ。ちなみに向かいには動物園。

たまにLIVEなどもやっているが、いつものライブと違うのは、開館時間中のフリーライブだということ。だから常にドアの開閉がある。

音響はどうなんだろう? 客の反応はどうだろう(変なところが気になる)

 

Rainforest

 

演奏中の模様は残念ながら撮影録音禁止。立ち見も入れて満員になった。

(何をするのかよくわからないけど無料だから来た)人も多いだろう。

 

▼(参考)HPでの告知ページ(部分)

f:id:HALNA_creative_room:20150529001854j:plain

 

3人が登場。

約30分。「Rainforest 1」を演奏。

終了。

観客から拍手。

3人が退場。(MCは無かった)

終わってからステージ前には観客が集まって興味深く見つめていた。(機材に触ることはできない)

観客の反応は、
私の聞こえた限りでは「全然ちがった」「音響がちょっと〜」etc...

果たして「再演」しているのか、彼らなりにアレンジしていたのかはわからない。
初めて聴く者には何とも言えないが、別の音楽スタジオで聴いてみたい。

 

小杉武久さんはマース・カニングハム舞踊団の音楽監督として活躍され、また国立国際美術館(大阪)や横浜や愛知など、美術館でのパフォーマンスも数多い。私は勉強不足で存じ上げなかった。

 

美術館はたま〜にこういう風変わりコンサート等があるので、興味ある人にはおススメ。
この日がモーグ博士の誕生日だったこととは関係ナイと思うけど。

24日は天気予報では雨と言ってたから、この曲の雰囲気かと思ったのに

完全にハズレてサイコーに快晴のいい天気。

結局、23日も24日も聴きに行ってしまった(^ ^;  

暑かったー!

 

※一部のスマホなどで画像がうまく表示されないかもしれません。ご了承ください。 

(ステージ写真撮影については一応許可を頂いております)

 ------------------------ 

横尾忠則現代美術館については

コチラ↓

http://www.ytmoca.jp/

 

 

 

©2014 HALNA Creative Room.