ゲイジュツ!なんだかんだ… (hatena ver.)

美術,音楽,写真&グルメ。ゲイジュツと思えば何でもアリ!

「安井仲治の位置」展

戦前の日本を代表する写真家のひとり
安井仲治(やすいなかじ・1903-1942 )の
小企画展安井仲治の位置」に行ってきました。
 
 
 
 
ポートフォリオ30点のほか、興味深かったのは、展示室の奥
安井仲治の本棚」というコーナー。
 
若い頃から文学・美術に親しみ、写真年鑑や写真誌に加えて
「カイエ・ダール」、「ミノトール」など当時最先端の
海外美術雑誌もたくさん。
ピカソやエルンスト、マティスに関連する画集も数多いのです。
エルンストのコラージュ小説「慈善週間」のシュールさに、仲治は興味があったのですね。
 
展示ケースの端から端まで、おもしろそうな資料、貴重な資料がたくさんでした。
(参考)リーフレット解説、コレクション展レクチャー(2/5開催)
 
 
兵庫県立美術館コレクション展3 小企画
安井仲治の位置」は3月11日(日)まで。(企画展とは別料金)
 
この小企画展示の手前には
小磯良平記念室」、「金山平三記念室」があり、それぞれ作品展示。
また1Fはコレクション展3「美術の中の“わたし”」を開催中。(いずれも3/11まで)
企画展示室では「解剖と変容」展開催中(3/25まで)。
 

©2014 HALNA Creative Room.