ゲイジュツ!なんだかんだ… (hatena ver.)

美術,音楽,写真&グルメ。ゲイジュツと思えば何でもアリ!

細野晴臣さんのベース談義♪

昨夜、NHK教育テレビの「スコラ 坂本龍一 音楽の学校。ゲストは細野晴臣氏。
細野氏といえば、誰もが知ってるYMOもしかして知らない?)のメンバー。
 
昨日は、細野さんの担当する楽器「ベース」についてのお話。
細野さんが、影響を受けたミュージシャンのこと、楽器のこと、曲のことも含めてこんなにじっくり話しているのは、今まで観たことなかったかも。。。 
YMOが活躍していたころ、私は○○歳。(←ややこしい!)
当時、大変な教授ファンの友だちが居て、YMOのピアノを完全コピーしまくっていた。
 
ちなみに私は当時、高橋ユキヒロファン
別にドラムスが好きだったわけじゃなく。なんとなく。
 
じゃあ、細野さんは?
・・・あの歳の私には、ベースの「深い味!」はまだ難しすぎた。
特にテクノポップで、ベースを理解するのは無理だろう。
 
ベースという楽器の「奥深い味!」をじっくり味わえるようになったのは
その後私がジャズやフュージョン、ラテン系に傾倒してからのこと。
今では、曲を聴いたらまずベースが一番最初に入ってくる(いろんな理由もあるが)。
歌詞は一番最後。
 
昨夜は、昔(60年代ロック)の曲を流しては、サッと細野さんがベースを持ち、一緒に弾いてみる・・・という場面がいくつも見られた。
今まで「音符を見ながら弾いたことはない」と言っていたような。
コードネームは見るけど、音符を読んでいるわけではない~というようなこと。
番組の最後に坂本、高橋、細野の三人で1曲演奏。そのうちHPにアップされるのかな?
15日火曜日1630~ BSで再放送があるらしいけど、ウチはBS観れないーっ!、
                   ・・・あ、19日土曜の朝も教育テレビで再放送するの?)
 
- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
 
☆そして今日(日曜山下達郎のサンデーソングブック」FM東京
の最後にかかったのが、達郎氏自身のLOVE SPACE』1977)という曲。
タイトル通り、壮大なアレンジの曲。改めてじっくり聴いてみると、演奏が・・・なかなかスゴイ!?
ベースかっこいい!、ドラムスいいなー!、ピアノすごい~!
バックは誰だ?)・・・調べると、
 
Ds:村上‘ポンタ’秀一、 B細野晴臣 G:松木恒秀、 Key:佐藤博
こりゃスゴイはず!!当時の一流スタジオミュージシャン
(ちなみに先月私がYouTubeにアップした「Monday Blue」の演奏も、ベースが岡沢章さんで、あとは同上メンバー。)
 
いま、このLOVE SPACE』をエンドレスで聴きながらこの文章を書いていて・・・。
YMO直前の細野さんが弾いているベースラインを耳で追いながら~、「偉大なベーシスト細野晴臣」を実感!
「ポンタ&細野」という黄金のリズム体に他の楽器が重なり、
吉田美奈子の歌詞がさらに幅を広げ、どんどんスケールが広がっていく。
曲を聴くと同時に絵が浮かんでくるのは気のせい?・・・
曲のイメージでは~大空、青空。白い雲。夏。飛行機雲。
なんかCMに使われてないのかな?
歌詞には「星・宇宙・夜空」が出てくるけど、CGでも入れないと、単なる星空では難しい?。
今夜帰ってくるはやぶさのBGMに使えるかな~?(ちょっと違うよ!)
 また映像とのコラボを考えてみるけど、インパクトある絵のネタがないや。
今夜の「探査機 はやぶさ」地球帰還、どうなるかな?
 
偶然、2日連続で耳にした細野晴臣さんのベースから話が長くなりました、失礼。
『LOVE SPACE』 、どこかで聴いてみてください。。。 
 
  
-追伸-  
 
・上記の松木恒秀さん、岡沢章さんとも、ザ・プレイヤーズのメンバー。タモリの「今夜は最高!」で演奏してました。
 
 
 
 
 

©2014 HALNA Creative Room.