ゲイジュツ!なんだかんだ… (hatena ver.)

美術,音楽,写真&グルメ。ゲイジュツと思えば何でもアリ!

サントリーミュージアム天保山 閉館のニュース

今朝、ネットを見ていたらふと目に入ってきた「サントリーミュージアム・・・」の文字。
昔から時々展覧会に行っていたので、興味を持って記事をよく読むと、それは

サントリーミュージアム天保山が2010年12月で休館するらしい」という内容!
(えぇーっ!そんな・・・)

HPを見ると、やはりトップにやや小さな文字でそのお知らせが入っている。
その下には現在開催中の「ジブリ展」の告知。またその横には「今年開館15周年」の文字が。

今後は東京のサントリー美術館に集約されるとのこと。

経営母体はあのサントリー(のグループ企業のはず)。
その美術館が休館するとは。
天保山のあの大きな建物の維持管理費用は莫大なものだろう。ここ数年赤字だったという話・・・。

場所も若干わかりにくいかもしれないが、隣には海遊館天保山マーケットプレイスの大観覧車もあり、おそらく「ジブリ展」もかなり混雑なのではないだろうか。
ただ展覧会は年中やっているから、夏だけ混雑!あとは?・・・というのも困る。


たしかに私も、最近ご無沙汰している。
かつて、大阪で働いていた頃は展覧会ごとに行っていたものだ。友の会にも入っていた。
ポスターのコレクションが豊富で、デザインに関する展覧会などによく行ったものだ。

ちょっと違うセンスのある展覧会が多くて、オシャレだった。マニア向けかもしれない。
講演会もかなりの大物を呼ぶことがあり、会社を早退して(ちゃんと事情を話して許可を得て!!)
聴きに行った事もある。

しかし、大阪へ出ることが減り、
天保山のみならず他の大阪での展覧会にもなかなか行かなくなった。
公立美術館もその運営は厳しいだろうが、この不景気の中では企業美術館も当然厳しい。
新たに開館することにも相当な準備が必要。
(なぜ美術館が必要なのか?)という声は少なくないだろう。

昨日、新しい企業美術館の開館記事を載せて、
今日は企業美術館の休館記事を載せるとは・・・なんとも複雑な心境。

また大阪の美術館が減るのか・・・。

夕日の見える美術館、「サントリーミュージアム天保山」については
ひとことでは説明できないのでまたの機会にする。

くわしくは美術館ホームページを。

©2014 HALNA Creative Room.