ゲイジュツ!なんだかんだ… (hatena ver.)

美術,音楽,写真&グルメ。ゲイジュツと思えば何でもアリ!

アート関連情報

芸術の秋

24日(土)、またまた姫路まで行ってきました。今月3度目!やっぱり「酒井抱一展」です。 17日(土)・・・(第2期展示)お菓子もらったとき!(ブログ参照)、 18日(日)・・・小林忠教授の記念講演会 そして展示替えがあったので21日から「第3期」展示で…

酒井抱一展@姫路市立美術館

今年、生誕250年で大規模な回顧展を開催中。朝は大雨で警報も出ていた姫路市周辺。(どうしよう~悩む!)だけど、午前中に到着!!なにしろ、先着150名に記念の生和菓子(抱一生菓子)プレゼントが有るのです。酒井抱一の作品をもとに姫路菓子組合が考案し…

大阪中之島から。「夜景」

展覧会のレセプションパーティの合間に、 だいぶ暗くなってきたのでちょっとギャラリーのドアの外へ。 夜の闇が大阪の空を覆い始めてきた頃。 目の前は堂島川。対岸がわずかにライトアップされてるの、 わかりますか?ブルーや紫etc...色々な色味に変化しま…

@大阪中之島

中之島での展覧会「epiphany」のレセプションパーティー。京都芸大の若手作家さん三人の展覧会。いろいろあっておもしろいです!堂島川沿いのデザインミュージアム de sign de >もう少し暗くなるとまたキレイなのだとか!

清志郎とゴッホ

(年末のひとりごと) 昨夜(28日深夜)のNHKハイビジョン特集。。。 なにげなく観ていたNHKで始まった特集番組。(・・・?) 他のチャンネルに変えようかな・・・と思っていたら、画面を観てびっくり! (あ、キヨシローだっ!!) 『ぼくはロックで大人に…

真夜中に「光明皇后」!

(今日こそ早く寝よう!)と思っていた午前2時前。。。なんとなくつけていた番組に、いきなり「せんとくん」!(え、なんで?)「歴史秘話 ヒストリア ~光明皇后~」の再放送でした。 7月に放送されたもの・・・ちょうど奈良で『平城遷都1300年』のイベ…

水木しげる・妖怪図鑑@兵庫県美

(画像変更につき再投稿)本日初日。朝から大混雑!展示の最終コーナーには「ゲゲゲの森」も出現!これって、展覧会~??一瞬ビックリするけど、子供たちはもっとビックリ!怖くて泣き叫んでるコもいる~!!猛暑の神戸で、妖怪と対面して涼しくなりませう。…

レンピッカ展@兵庫県立美術館

今朝、行ってきました。美術館北側ドアの外側にレンピッカ展用チケット売り場を設営。エレベーターですぐ展示室へ行けるようになってる!駅から歩いてくる人は近くて良いですね?展示のほうは~、(あまり作家について知らないのですが~)、展示室に入ってす…

中山岩太展・・・銀塩写真の世界

「写真家 中山岩太―私は 美しいものが 好きだ。 レトロ・モダン 神戸」 5月30日(日)まで開催中 兵庫県立美術館・企画展示室 中山岩太は(1895-1949)は、福岡県柳川生まれ、東京美術学校(現・東京芸術大学)臨時写真科卒業。 ニューヨーク、パリなどで研…

横尾忠則さんの公開制作

(写真は、兵庫県立美術館アトリエ前)横尾さんが公開制作をしているとのこと。入場無料なので(笑)、チラッと見てきました。場所は兵庫県立美術館の「アトリエ」。前も、横尾展を開催したときに公開制作があったので、今回で二回目?2月2日、3日、5日、6日の計…

ジブリ展・・・

めっちゃ混んでるみたい!JR灘駅の臨時前売り券販売コーナーにて表示。「美術館の中に入るのに140分待ち」って??マジ でもココで買う方が安いからね~。。。

トトロの世界 「男鹿和雄展」その2

さて、もうすっかり忘れ去られたかもしれませんが(苦笑!)、「男鹿和雄展」の続きです。 ん?これはなんだ??・・・後ほど説明を(^^; -・-・-・-・-・-・-・-・-1階でトトロのボードに集まるお客さんをパチリ!したあと、美術館3階の企画展…

トトロの世界 「男鹿和雄展」

先月にも一度記事をアップしたのですが、神戸で開催中の「男鹿和雄(おがかずお)展」に再度行ってきました。 行ってきたのは1月2日(土)の午後。 美術館1階のエントランスホールは、思ったより人が少なくて、当日券売り場も特に行列は無し。「只今○分待ち…

神戸ビエンナーレが終わって。

今ごろ、こんな記事は遅いのですが、、、(スミマセン。先月23日に、マラソン大会を観たあと、「神戸ビエンナーレ2009」の海上展示を観に行っていました。 この神戸ビエンナーレは2年に一度開催。前回(2007年)より規模を大きく、今年はハーバーランドの展…

「だまし絵」展 兵庫でスタート

春から、名古屋市立美術館 → Bunkamura ザ・ミュージアム、と巡回してきた展覧会「だまし絵 -アルチンボルトからマグリット、ダリ、エッシャーへ-」が、8月26日(水)より神戸市の兵庫県立美術館でスタートしました。 ジュゼッペ・アルチンボルド《ウェル…

サントリーミュージアム天保山 閉館のニュース

今朝、ネットを見ていたらふと目に入ってきた「サントリーミュージアム・・・」の文字。昔から時々展覧会に行っていたので、興味を持って記事をよく読むと、それは「サントリーミュージアム天保山が2010年12月で休館するらしい」という内容!(えぇーっ!そ…

新しい美術館が出来ました

JR灘駅の南に、先月新しい美術館がオープンしました。「BBプラザ美術館」。現在は開館記念の館蔵品展を開催中。 駅から南へ下る道の左側、2号線に面した角のガラス張りのきれいなビル~「シマブンビル」の中にBBプラザがあります。珍しいクラシックカーがい…

接近!? 現代ブラジル美術

~はや11月も下旬。前回の「コーヒー」記事の本題がコレです(苦笑)~『ブラジル×日本 旅が結ぶアート』展 (12/7まで・兵庫県立美術館)2008年は日本人のブラジル移住が始まってから100年目にあたり、日本ブラジル交流年とのこと。この展覧会では、現在ブラジ…

日本一低い山、天保山?

天保山 その3 ひきつづき、マーケットプレイス周辺です(昼間)。タイトルの「日本一低い山」については書いてませんのであしからず(^^。 まず~、海側(天保山の岸壁)には観光船「サンタマリア」の乗り場。大阪港のクルージング船ですが、異国風のかわ…

【ART】「行方不明作品の発見!」続々と。

「小磯良平の所在不明作品、発見される!」「鳥居清長の行方不明肉筆画、発見される!」...というのは絵画の話題。先日のニュースで小磯作品の話を、今ニュースで鳥居清長の話を知りました。「発見」といっても、どこかの蔵から発掘されるわけではなく、…

白鶴美術館・風景

神戸・住吉の坂を上がっていくと、白鶴美術館。・・・本館の表門横にある「国鉄・住吉駅」の道標。久しぶりに見た「国鉄」の文字。いつからここに建っているのだろう?(調べればわかるだろうが・・・)白鶴美術館本館は登録有形文化財。先日の大雨で、庭園の…

「南画ってなんだ?!」展@兵庫県立美術館

(以前の続きです。忘れてるかもしれませんが・・・) 兵庫県立美術館 「村上華岳・水越松南生誕120年記念南画って何だ?! 近代の南画- 日本のこころと美」4/22(火)~6/8(日) [前期:4/22~5/18, 後期:5/20~6/8] (写真は展覧会カタログ)今回の出品作…

(追記)立杭記事の写真説明です

「立杭で縄文土器鑑賞の巻」記事で掲載した写真5点の説明をしておきますね!☆写真上から、 ・今田町立杭にある看板。右上へ直進すると「立杭 陶の郷」(すえのさと)、 左へ曲がると「県立兵庫陶芸美術館」(お皿のロゴマーク)。その他施設を紹介。 ・陶芸…

立杭で縄文土器鑑賞の巻。

今日は快晴!暑いーっ、もう夏のようです。遠足気分で丹波篠山まで行ってきました。兵庫県篠山市今田町、、、ここは立杭焼で有名なところ。兵庫陶芸美術館で開催中の「縄文-いにしえの造形と意匠-」展を見てきました。・・・いきなり国宝(*_*)!~重要文化…

【ART】国立国際美術館 エミリー・ウングワレー展 其の壱

「エミリー・ウングワレー展」@国立国際美術館 3月後半の天気の良い午後、大阪駅から徒歩でも可能だけど、この日は地下鉄を利用。地下鉄四つ橋線肥後橋駅の付近は、大阪フェスティバルホールや広告代理店などが集まるところ。5分程歩くと、国立国際美術館の…

【ART】予告編だけです。

次回の展覧会レポートは(...そんなコーナーいつ出来たん?)、現在大阪の国立国際美術館で開催中の、 アボリジニが生んだ天才画家 エミリー・ウングワレー展 (2/26~4/13:大阪・国立国際美術館、5/28~7/28:東京・国立新美術館巡回) を予定しています。…

お久しぶり、京都!

きのうは朝から、久しぶりに京都国立近代美術館へ。春の土曜日、天気もサイコーで美術館のある岡崎公園もたくさんの人。 平安神宮の大鳥居の左横、京都国立近代美術館では「ドイツ・ポスター展」開催中 (~3/30)。昼からシンポジウムがあるというので、昼…

【ART】姫路市立美術館「水彩画の魅力」展。 その壱

久しぶりの姫路市立美術館。お城のすぐ東側にある赤いレンガの建物は、もとは陸軍の倉庫だったとか。今では国の登録有形文化財です。バス通り(=東側)から眺めると、手前に赤レンガの美術館、後ろには白鷺城のコラボレーション!夏はこの広い庭でJazz Concer…

【ART】伊藤隆康展の記念対談(解説会?)

昨日は久しぶりに展覧会のイベントへ。「特集展示 伊藤隆康展-絵画から環境へ」の記念対談(解説会?)。メッチャ寒かったですー。お話はこの展示担当した学芸員&企画した大学教授(←元学芸員)。昔の作品写真などもたくさん用意して解説。解説が面白くて…

【ART】伊藤隆康展- 絵画から環境へ ( 参考photo)

昨日、展覧会の解説会へ行ってきました。寒かったー!!文章はのちほど。(写真上から)[作品 10-61]1961年(部分)[同時に存在する二つの半球体]1968年[負の手]1968年

©2014 HALNA Creative Room.